ピーナッツスケール製作のコツ
順次更新しますのでご期待下さい。

翼端捩り下げ

胴枠をスムースに仕上げる

一般的に瞬間接着剤には細いノズルが付属していますが、ピーナッツスケールでは更に細いノズルが必要な事もあります。
これは市販のノイズレスパイプ等をライターで炙って伸ばすと簡単に作れます。これを使えば接着剤の量をセーブして
より軽量な機体に仕上げる事が出来ますので是非とも試してみて下さい。

極細瞬間接着剤ノズルの自作

そこで、胴体を組み上げると胴枠のストリンガー間をフラットにサンディングします。つまり、胴体断面が多角形になるように仕上げる
事が必要です。紙貼り後の仕上がりが断然スムースになるので是非ともお試し下さい。

BACK

ハガキ紙等を細く切ってプロペラソケットの内側に貼り付け少しずつ様子を見ます。プロペラの反動トルクが
大きく機体が左側に巻き込む場合はプロペラソケット内側の左側に、急激な頭上げを起こす場合は上側に
細かく切ったハガキ紙を張り付けてサイドスラスト・ダウンスラストを調整します。ゴムの巻き数によっても
具合が変わって来ますので根気よく納得出来るまで調整して下さい。
尚、更に詳しい調整法はゴム動力飛行機専門店「KOTOBUKI AIRCRAFT」から以前発売されていたキット
「エルドラド」の調整を紹介したページをご参照下さい。

スラスト角の調整

主翼の紙貼りが出来ると次に主翼の表裏両面を霧吹きで湿らせます。そして定板に待ち針で主翼を
固定します。前縁側はフラットに、後縁側は中央部をフラット、翼端側は1.5〜2mmのバルサ端材を挟み
そのまま翼紙が乾燥させると簡単に主翼捩り下げを付ける事が出来ます。

この二枚の画像を見比べて下さい。左側の零戦では紙貼りした後に胴枠が浮き出てしまっています。しかし、右側のAT-6では
胴枠が浮き出していません。ピーナッツスケールに限らず所謂「スティック&ティッシュ」(バルサ角材のフレームに紙を貼って
仕上げる伝統的なゴム動力機の構造)ではなるべく胴枠が浮き出さない仕上げの方が綺麗に見えます。